脊山麻理子、「急速減量でバスト上向き」艶ボディにあのグラドルも羨望の声!?
拡大する(全1枚)

 フリーアナの脊山麻理子が2カ月で10キロの減量に成功し、話題を呼んでいる。

 2月24日放送のバラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)で、一切筋トレせず、好きなものを食べて、楽して痩せた姿を披露。MCの名倉潤河本準一や週替わりMCの熊切あさ美の目を丸くさせた。

「4月に42歳になる脊山は、かつて日本テレビの女子アナとして活躍。2010年に同社を退社し、フリーアナ兼タレントとして活動してきたもののもう一つブレイクせず、14年に起死回生を狙って艶っぽい写真集を発売、慶大出の知性と限界すれすれの艶ボディで話題をさらいました」(テレビ誌記者)

 19年にYouTube「脊山麻理子みるくぽんTV」チャンネルを開設し、艶っぽい動画を量産、配信していたが、1年前にストップ。

「 昨年7月発売の写真集『MILK』以降、艶っぽさを封印しており、不思議がられていたんですが、どうやら『MILK』撮影後に気が緩み、酒をがぶ飲み、つまみを爆食いするうちに激太り。何と64.4kgまで肥大化してしまったという。そこで、ファースト写真集出版当時のスレンダーボディーを取り戻すため、番組の助けを借り、ダイエットに挑戦することに。ただし、きつい筋トレを拒否。定額制セルフエステに2カ月通って10キロの減量を目指したということのようです」(前出・テレビ誌記者)

 番組では腹から腕から背中にまでびっしりと脂肪がついた減量前スタイルが大写しに。その後エステ中の詳細な写真が続いて、みごと54.3kgに落とした別人ボディーまでが紹介された。腹にはうっすらと腹筋がついたうえに全身女らしい曲線に彩られ、自慢のバストラインやヒップトップも上向き、女っぷりがぐーんとアップ。同性の熊切が激しい羨望の声をあげるほどの美ボディーに生まれ変わった。