NHK和久田麻由子&桑子真帆、「両エース」に囁かれる局上層部“独立阻止”作戦!
拡大する(全1枚)

 NHKが4月からの番組改定を行い、各番組の新キャスターを発表して話題となっている。絶対的エースとして活躍していた和久田麻由子アナが看板番組の「ニュースウォッチ9」を降板して、レギュラーの担当が無くなることになる。

 さらに、同じく人気の桑子真帆アナも、朝の情報番組「おはよう日本」を降板し、報道番組「クローズアップ現代」のキャスターに就任する。ともに、NHKの顔として活躍してきた2人の看板アナが第一線から外れることでさまざまな憶測が飛び出した。

 その一つが、2人のフリー転身に関する噂だ。

「和久田アナには、昨年の秋頃から独立を持ちかけている芸能プロダクションの大物がいると言われています。現在の和久田アナの知名度と人気ならば、1億円は稼げると口説いているようです。具体的な民放番組を挙げてキャスターの就任を約束すると言われ、気持ちも揺らいでいたようです。というのも、和久田アナは2019年2月に結婚をしてから夫との時間が取れないという悩みがあった。子どもを欲しがっている和久田アナは、時間の融通がきくフリー転身に気持ちが傾きかかっていたようなんです」(NHK関係者)

 偶然にも、一方の桑子アナも同じ悩みを抱えていたという。

「俳優の小澤征悦と結婚した桑子アナは、旦那さんにぞっこんなんだそうです。しかし、朝のニュース番組である『おはよう日本』を担当していると、小澤と時間帯が合わず、すれ違いの日々になっていた。小澤はご存知のとおりに資産家一族ですから、無理に桑子アナが仕事を続けなくてもいい状況。そこで、時間が自由に取れるフリー転身を桑子アナも考えていたようです」(前出・NHK関係者)