美女優四季報〈春〉で判明した「お宝色香株」15(2)Netflixのドラマが不調で米倉涼子は急降下
拡大する(全1枚)

 1月に世界同時配信したドラマ「新聞記者」(Netflix)で米倉涼子は主演を飾り、「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のイメージ払拭を狙ったものの、高値安定のはずが急降下。

「森友文書改竄事件をモチーフにした社会派ドラマに挑んだのですが、英国ガーディアン紙は『新聞のジャーナリズムと政府の不正行為について、幼稚な見解を示す』など、海外の評価はイマイチ。国内でも『ドクターX』に比べて全然ハネなかった」(芸能プロ関係者)

 まさかの「ストップ安」で売り気配。この危機に米倉は買い材料を用意、サプライズ演出で露出倍増を狙う。

「今秋にミュージカル『CHICAGO』で、4度目のブロードウェイ出演が決定。新聞記者の役で華奢なイメージの肉体改造に励みましたが、今度は米国仕様で巨尻を強化。衣装もミニスカやハイレグ戦略で米国本格進出を画策しています」(芸能プロ関係者)

 同じNetflixでも「新聞記者」を食ったと話題なのが、ドラマ「金魚妻」の篠原涼子である。正統派女優から正常位、対面座位、濃厚ディープキス、乳揉みのオンパレード艶技で「新業態」に進出。しかも評価はうなぎ登りで、ポロリ配当も期待できそうな雲行きなのだ。尾谷氏も賛辞を惜しまない。

「昨年7月に市村正親(73)と離婚した直後、韓流アイドルと離婚前から交際していた不倫疑惑が報じられ、篠原株は暴落。にもかかわらず、『金魚妻』で一気に急騰させた。1年でこんなに乱高下したのは彼女だけ。最近はバラエティー番組にも出演し、復調を印象づけています」