高橋ジョージ、今も“毎年1000万円”離婚時もオイシかった「ロード」の収入
拡大する(全1枚)

 ロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージが、3月6日放送の「ネタミちゃんとなかまたち」(読売テレビ)に出演。印税と離婚騒動についてぶっちゃけた。

 この日の番組では“不労所得者”を取り上げ、その中で高橋ジョージが登場。お笑いコンビ・ダイアンが都内の自宅を訪問してロケ取材した。

 高橋といえば、大ヒット曲「ロード」だが、1993年に出した「ロード」は220万枚、第2章も80万枚、第3章も35万枚を売上げたという。

「ロード」の印税について高橋は「会社も含めて、動いたのは22億円くらい。個人は3年ぐらいでだいたい16億円くらい」と説明。作詞、作曲、歌唱の全てを担当しているため、カラオケで1回歌われると「6~7円」の印税で、テレビやラジオで「ロード」がかかる度に印税が入るため、今でも毎年、約1000万円以上の印税収入があるそうだ。

 また、高橋は「一番辛かったのは、離婚裁判の時」と、2016年にタレント・三船美佳との離婚騒動を振り返り、「裁判所の前でリポーターがいて、必ず(ロードが)かかるじゃん。そうすると、嫌だな、またやってるよワイドショーと思いながら、片一方の脳では『ま た(印税)入っちゃっているよ』って」と本音を明かした。

 それにしても「ロード」の“稼ぎ力”はすごい。

(鈴木十朗)