人気艶系女優5人、「くすぐりガマン比べ」動画に“興奮止まらん”な視聴者反応!
拡大する(全1枚)

 グラドルなど、艶やかさをウリとした女性ユーチューバーの、視聴者のコメント欄にたびたび見受けられる〈くすぐり企画〉要望の声。くすぐりを我慢して身をよじり、切なく感じる声をあげる姿を期待するのであろう、そんな男性視聴者の願望を、しかも人気艶系女優たちが叶える「番組」を見つけた。

 人気艶系女優がバラエティな企画にチャレンジする、〈全力〉の後に下半身用体操着を意味するカタカナ3文字をつけてチャンネル名としたYouTubeチャンネルの、3月10日付け投稿回〈【ぎゃははww】くすぐり我慢選手権をやったら最弱が決まりました【罰ゲームあるよ】〉である。

 友田彩也香、若月まりあ、宇野栞奈、咲野瑞希、桃瀬くるみの5人の艶系女優が、上下ともに体操着を着て出演。友田がレフェリーとなり、他4人がホイッスルを口にして順次入れ替わり、皆からくすぐられ、音を鳴らさないよう、どれだけのタイムを耐えられるか競うといった企画だ。

 トップバッターは、Jカップの爆裂バストを持つ桃瀬。足のスネのあたりを鳥のハネでくすぐられると、不覚にもわずか2秒でホイッスルを鳴らし、即終了…。

 友田の裁量で再挑戦すると、他のメンバーがイスに座った桃瀬の両足を観音開きがごとく開かせ、白い大腿部の内側に鳥のハネを這わせ、さらにレフェリーのはずの友田が桃瀬のツンと前に付き出した「Jバスト」のトップあたりを指でまさぐるといった艶やかサービスショットを披露したのだった。

 視聴者からは〈やっぱりくすぐりはYouTubeで最高に伸びる企画ですね。またくすぐり企画お願いします。〉〈最高でした是非またくすぐり我慢対決お願いします〉など、〈くすぐり企画〉に興奮冷めやらぬ視聴者のコメントが相次いだが、妄想心をくすぐられたのは、むしろ男性視聴者のほうだったりして。

(ユーチューブライター・所ひで)