森高千里、超ミニ&ニーハイブーツに絶賛の一方で入り混じる「限界」と「期待」
拡大する(全1枚)

 歌手の森高千里が、3月29日までに自身のインスタグラムを更新。超ミニ丈スカートとニーハイブーツ姿を公開した。

 森高は「森高千里『この街』TOUR 2020-22 この街スペシャル!3月28日 『東京都 Zepp Haneda』スペシャルバージョン2日目。濃厚森高いかがでしたか?衣装もこの2日間の為に作りました!」とつづり、コンサートの様子をアップ。

 フォロワーからは、「『濃厚森高』最高でした! ほんとスタイルいいですね。最高です」「アンコールの衣装がヤバイくらい可愛くてメロメロです。どうしたらそんなスタイル維持できるんだろう」「本当にいつまでも若々しいですね。とても52歳とは思えない。江口洋介が羨ましいわ」などと、大きな反響が寄せられている。

 しかし一方で、口さがないネット民からは少々厳しい指摘も出ており、「綺麗には間違いない。でもさすがに老けてきたかな。あまり若さに固執しない方がいいのにね」「スタイルはいいけど、だんだん年齢相応になってきたかな?」「頑張ってるのは分かる。でもこのミニ丈スカート姿、生涯通すんだろうか…」といった声も。

「相変わらず抜群のスタイルを維持している森高ですが、確かに顔をよく見ると年齢なりの老化を感じますね。本人は永遠のアイドルを目指しているのでしょうが、さすがに52歳になり、石田ゆり子のような年齢相応のナチュラルさを求める声も出始めています。思い切ってライブですっぴんにしてみれば、意外とウケもいいかもしれませんよ」(芸能ライター)

「いつオバサンになるの?」キャラの期待に応えつつ、本人も限界の時期を探っているのかもしれない。

(ケン高田)