観月ありさ、ノースリーブドレス姿で注目されたスレンダーボディと“アノ部分”
拡大する(全1枚)

 45歳の今も、女優・観月ありさの美ボディは若いころと何ひとつ変わらないようだ。4月6日、インスタグラムでドレス姿を公開し、絶賛の声が上がっている。

 そのドレスは上半身が白と黒のノースリーブ、スカートはチェック柄のスポーティーな印象で、8等身のボディを際立たせている。

「彼女はスレンダーボディで控えめなシンデレラバストの持ち主として知られていますが、今回のドレス姿によって改めてそれが証明されました。スラリとした体型は、とても40代半ばには見えませんよ」(ネットウォッチャー)

 コメント欄に寄せられた声は「なんかきれいになってる」「若い。素敵ですね」と絶賛ばかり。

「彼女には女性ファンが多いイメージなのですが、いまだに男性ファンを魅了し続けている点もすごい。特にほっそりした二の腕と美ワキは、『色香があふれまくってる』『グッとくるな!』と評判です」(前出・ネットウォッチャー)

 観月は4月22日スタートする松岡昌宏主演のドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第1話にゲスト出演する。ドラマで美ボディが躍動するシーンが見られるかもしれない!?