プロ野球「波乱幕開け」覆面座談会(2)BIGBOSS・新庄剛志の考えが選手に浸透

プロ野球「波乱幕開け」覆面座談会(2)BIGBOSS・新庄剛志の考えが選手に浸透
拡大する(全1枚)

A BIGBOSSこと新庄剛志監督(50)率いる日本ハムが軌道に乗ってきた印象だ。

E(球界関係者) 負けが込んで札幌ドームも閑古鳥が鳴いてたけど、少しずつチケットが捌けだしたみたい。

B まさに勝てば官軍。新庄監督の考えは、しっかり選手に浸透していますよ。外部からの批判はあっても、選手から戸惑いの声は上がっていないようです。投手起用に関しては、開幕から2試合で全投手をつぎ込むなど、思いつき采配がうまくいかないことを学習した。中4日ローテや一部投手の外野起用など“奇策”に本人のこだわりも出ますが、基本的にローテや交代については武田勝投手コーチ(43)に任せています。

C それでも、全選手を横一線に据える起用方法へのアレルギーは根強いと聞く。中でも東京五輪でも活躍した近藤健介(28)なんかは複雑な気持ちなんじゃないか。

D そこは人たらしの新庄監督のフォローがピカイチですから。試合前の練習でも「君は別格だから」と言わんばかりに、ベタ付きで外野守備を指導。密にコミュニケーションを取っていますよ。

B 余談ですが、新庄監督と金子誠野手総合コーチ(46)の関係がよろしくないようです。オープン戦の頃、金子コーチが「選手が注目を浴びない状況ってどうなのよ?」と暗に監督批判を漏らしていたとか。

E 確かに2人が熱心に話し込んでいる場面はないな。でも、そういった話ならば、昨オフのノンテンダー放出選手のほうが身内より苦々しく思っているだろう。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク