太川陽介のバス旅に浮上した「ヤラセ」疑惑…芸人出演者を注視せよ
拡大する(全1枚)

 ガチンコ対決を謳いながらしばしば「ヤラセ疑惑」が持ち上がる、太川陽介の「バス旅」。5月4日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送される「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 鬼ごっこ6」はどうなるのか、放送前から注目されている。

 太川は現在、「路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」「乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦」「乗り継ぎ対決旅 鬼ごっこ」「BINGO対決旅」の4つのバス旅を持っている。以前の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とは違い、どれも対決形式なのが特徴だ。

 このバス旅における「ヤラセ疑惑」について、まず確認しておきたい。証言するのは、テレビ誌ライターだ。

「どの旅も毎回、僅差で決着がつきます。ルート設定がいいのかもしれませんが、少し不自然に感じられます。そこで差がつきすぎないように、有利なチームに足を引っ張る人物を入れ、アクシデントを起こさせて僅差にする。そんな『ヤラセ』が行われているのではないかというんです」

 その役を担うのは芸人で、疑惑のシーンは過去に何度もあったという。テレビ誌ライターが続ける。

フルーツポンチの村上健志がホテルの鍵を返し忘れ、太川チームは鍵の返却のためにホテルに逆戻りしなければいけないことがありました。スギちゃんは駅に戻る途中でメンバーとはぐれ、列車に乗り遅れる原因になっています。プラス・マイナス岩橋良昌はゴール目前で急にトイレに行きたいと言い出し、チームの足を止めました」