大橋未歩がブチまけた!テレビ界の「ものすごいバスト・ハラスメント」
拡大する(全1枚)

 元テレビ東京アナウンサーで、現在はフリーの大橋未歩が、テレビ業界のハラスメントについて激白した。5月5日に放送された情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した際のことだ。

 この日にゲスト出演した映画監督の白石和彌氏は、制作現場におけるあらゆるハラスメントをなくしていこうという環境づくりを目指しており、ハラスメント防止のために、相手にリスペクトの気持ちを持って接する「リスペクト・トレーニング」なるものを導入している。そこで大橋は、次のようにブチまけた。

「映画界もテレビ界と一緒だったんだなと、結構ビックリしまして。10年位前までテレビ局にいましたけど、ものすごい性的ハラスメント、パワハラの温床だったので…。またそれに(ハラスメントを防止する)マニュアルとかあっても意味がないんですよね。やっぱり無数にいろんな(ハラスメントの)例があるから『リスペクト・トレーニング』をすることが大事なんだなって。テレビ局も導入したらいいと思う」

 この「告発」に対し、世間の反応はというと、「テレ東には独自なカメラアングルもあったし、納得できるわ」「テレ東時代は大橋さんが特にターゲットにされてたんじゃない?」「大橋さんの横バストショットにはよくお世話になってたな」というものだった。

 放送作家が言う。

テレビ東京では、女性アナウンサーのバストを強調するようなカメラアングルを意図的に多用しており、横からバストを撮影する『YCショット』や、真上からバストを撮影する『UCショット』といったワードが存在し、当たり前に番組進行表に書かれていたようです。とりわけ豊かなバストの持ち主である大橋は散々、こういったアングルの餌食になってきました」