清原和博 “引退後の黒番長”全貌を公開(2)「関係者も首をかしげる振る舞い」

 番長の問題行動は「ドタキャン」という形でもたびたび露呈した。球界OBが語る。

「彼は08年の引退後、文化放送『ライオンズナイター』の解説者の一員となったものの、試合の日にすっぽかして来ないということがあった。眠っていて起きられない、ということもあったようだ」

 当然のごとく、清原氏は解説者から外されてしまう。

 清原氏はスポーツ紙の評論家としても活動中だが、

「評論をするはずの球場に現れなかったり、試合途中に来たり、あるいは途中で帰ったりもした。一時期は清原氏の担当者ですら何日も連絡が取れなくなったことがあったようで、これは危ないと判断し、年間契約から本数契約に切り替えたと聞いている」(デスク)

 オリックス時代の06年、清原氏はパチンコ、パチスロ機の開発企業「フィールズ」のCMキャラクターに起用された縁で、引退後はフィールズの関連会社JMSに所属した。ところが11年、清原氏は仕事として出演するはずだったパチンコ店のイベントを当日になってドタキャン。理由は「体調不良」だった。さらには青年会議所のイベント、講演会、JRAのイベント‥‥と、次々キャンセルを繰り返し、補償問題に発展。所属事務所は頭を抱えたものだ。

 スポーツメディア関係者が言う。

「この間、マネジャーが数人交代しています。あるマネジャーが休職した際、事務所に理由を聞いてみると『体調不良です』とのことでした。何の体調かと突っ込むと『まぁ、精神的なものでして‥‥』と多くは語ってくれませんでしたが」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。