中日・谷繁“布石を打って勝つ”新リーダー術(9)「チーム状態が良くなくても焦りは見せない」

 オープン戦でいよいよ兼任監督としてのベールを脱いだ中日の谷繁元信監督。いきなり、チームが連敗に追い込まれるものの、相変わらず泰然自若の構えだ。その裏では、開幕をにらみ用意周到とも言える「古田ルール」対策があった。

「キャンプでの疲れを少しでも取りなさい、と神様が雨を与えてくれたのではないですか」

 3月5日の対西武とのオープン戦が雨天中止になっても、谷繁元信中日兼任監督は動じることなく、淡々と話した。

 この日の雨が象徴するように、中日のチーム状態は決していいとは言えない。先発陣が固定されていない中、中継ぎの浅尾拓也が肘痛を発生。3月28日の開幕を控え、復活が期待されたやさきだっただけに、新監督として焦らないほうがおかしいのだが、まったくと言っていいほど、その様子からは動揺の色はうかがえなかった。

 雨でオープン戦が中止になり、実戦での調整の場が少なくなった投手陣についても、「ヘッドコーチと投手コーチがファームを含めていろいろ調整の場を作ってくれるから任せている」と、意に介していない。

 高木守道前監督が率いていた昨シーズン、谷繁は「選手がいちばん嫌うのは、場当たり的に勝ち負けに一喜一憂すること」と、その場の感情を態度に表す監督の姿に、批判的な姿勢を見せていた。それだけに、雨で1試合流れたぐらいでアレコレ態度に出したくないと思ったのであろう。泰然自若に構える谷繁の姿に、西武から中日に移籍して活躍する和田一浩も称賛を惜しまない。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。