中日・谷繁“布石を打って勝つ”新リーダー術(10)「兼任監督に向けた綿密な計画」

 DeNAとの2連戦で印象的だったのは、谷繁よりも森繁和ヘッドコーチの“監督”ぶりにあった。谷繁が選手として出場している間は、選手交代はもとより、チームの采配を一手に担う一方、谷繁が監督として手腕を振るう際には、アドバイスを惜しまない。まさに「二人三脚」でチームを指揮していたのである。

 実は、セ・リーグでは、監督が選手として出場している時には、あらかじめ指名したコーチに監督の代行をさせることができるという、通称「古田ルール」というものが存在する(セ・リーグアグリメント第24条)。

 この規則は、元ヤクルトの古田敦也が、兼任監督に就任した翌年の06年に制定されたことから「古田ルール」と呼ばれているが、谷繁は兼任監督就任にあたって、たびたびコーチや審判などとミーティングを繰り返し、ルール違反を犯さないよう綿密なシミュレーションを繰り返していたという。いわば、予行演習を経て、満を持しての兼任監督デビューだったのだ。

 実際、古田の兼任監督時代には、選手としての出場機会が少なく、チーム内にそれほど不都合は生じなかった。

 だが、谷繁の場合、野村克也の持つ最多試合出場記録(3017試合)に、残り117試合と迫っているだけに、監督代行との意思の疎通が一番の采配の鍵を握ることになってくる。その役割を落合監督時代に投手起用について全てを任されていた森が務めることで、谷繁にとって大きなアドバンテージとなるはずなのだ。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。