上島竜兵が有吉弘行に託していた「遺言」の中身「俺の葬式の時には熱湯を…」/坂下ブーランの「地獄耳」芸能
拡大する(全1枚)

 有吉弘行が生前の上島竜兵に深く感謝していたのは、仕事がない時代、毎晩のように飲みに誘われ、

「お前は面白いぞ。大丈夫だぞ」

 と言って励ましてくれたからということになっているが、上島を愛してやまないのには、もっと深いところに理由があった。

 ヒマな有吉がダチョウ倶楽部のラジオ番組に遊びに行き、収録スタジオの近くをウロウロしていた時、若い女の子がモジモジしながら、駐車場の中に消えて行くのを目撃した。有吉が回想する。

「あんな若いコが駐車場に消えて行くって、何か悪いことでもしてんじゃないかなって、後を付けて行ったの。近づいたら、ガサガサって音がして、女の子がズボン上げながらどっか行っちゃったの。『コラ!おい!』って言ったけど、振り向かずにどっか逃げちゃって。そのコのいた場所を見たら、湯気が立ってて。オシッコしてたんだよな。それ見た時に『いいもんだな』って思ったの。そのコも恥ずかしかったろうなって。俺も忘れられないけど」

 まだ上島との関係性もできておらず、エピソードもあまりなかった有吉が、その話をダチョウ倶楽部に明かすことになった。

「俺が『オシッコした女の子がいたんですよ!』って言ったら、上島さんは『儲けたなぁ』って言ったの。それで、俺は上島さんのことを好きになったの。これはあんまり言ってないんだけど…」

 そう上島の人柄を振り返ったのだ。

 ビートたけしは、

「上島、大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」