金本知憲 講演会で阪神&大物OBを公開処刑(2)「あの“片手打ち”の裏側にあった爆笑会話」

 昨シーズン中、和田豊監督(51)に降りかかった、ものまねタレント・星奈々との不倫暴露騒動を揶揄して笑いを取るアニキ。和田監督が送信した〈奈々!俺にもチュッは?(笑)〉〈また湯船に浸かって、ちょっと恥ずかしそうな顔のかわいい奈々を見せてね!チュッ〉などの恥ずかしすぎるメールに、選手もファンも困惑した一件だ。

 このあと、語りぐさとなっているあの「片手打ち」の秘話へ。04年7月、中日・岩瀬仁紀(39)から左手首に死球を受け、軟骨剥離骨折。だが、翌日の巨人戦は右手一本でスイング、2安打する離れ業をやってのけた。

「(死球骨折した)3日後に(連続試合フルイニング出場の)日本記録が迫ってたんですね。でも痛くてグローブもはめられない。走れないし、痛み止めがまったく効かないし。『あぁ、俺の運命こうなんだな』と思っていたら岡田(彰布)監督が『そんなん、ええやん。出られるやろ』と言うんですよ。『いや、よくないですよ』と。『無理です』と言ったんですけど『ええから。打席立っとったらええし、(守備で)打球来たらセンター赤星呼んどけ』。これ、ホントに(岡田監督が)言ったんですよ。『いや、でもライナーやったら捕れません』言うたら『お、そうかぁ‥‥』。でもまぁ、僕もここまできたら記録を達成したいし、『監督がそこまで言うんなら頑張ります』と」

──で、片手でヒット。

「そこから打率が上がっていったんですね、片手打ちのほうが。さすがにホームランは(骨折以降)2、3本しか出なかったんですけど、ケガしてから1カ月間の打率が3割9分で、今まで両手で打ってた俺は何だったんだろうと‥‥」


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。