掛布雅之 オープン戦の不調とゴメスの状態

 3月28日の開幕戦まで残りわずか。しかも阪神の相手は宿敵である巨人。ファンの中にはこの戦いを心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。

 ただ、そんな気持ちとは裏腹に、阪神の主力陣の調子がガタガタです。オープン戦ではまさかの7連敗。初勝利は3月11日の9戦目にして、ようやくあげられました。

 3月10日に伊勢市で行われた65年ぶりの阪神対巨人戦では、9回裏まで6対3で阪神リードのスコアながら、5番手で登板した山本翔也がドラ1で巨人に入団したばかりの小林誠司からまさかの満塁打を浴び、逆転負けを喫しました。

 オープン戦の得点もここ10試合で26得点。1試合平均2.6点と、3点を大きく下回る数字です。さらに失点数は1試合平均4.5点。打撃だけではなく、投手陣のふんばりも利かない試合内容ばかりが続いてしまっているのです。

 もちろん、オープン戦では勝敗よりも内容にこだわる試合も必要です。しかし、9日、10日の巨人との2連戦に限っては、連敗の軌道修正の意味でも勝負にこだわらなければいけない試合でした。阪神は昨年後半からの負けグセを引きずっている状態。「何をやっても勝てない」と選手たちが思い込んでしまうような空気感さえ漂わせるチームになってしまっているのです。

 では、どうして阪神はこれほどオープン戦に勝てないのか。これはベテラン勢の不発に原因があります。

 現にエースの能見篤史は3月9日という開幕の迫ったタイミングで二軍の教育リーグに登板するなど、明らかに本調子ではありません。主力の一人である福留孝介も、出場した8試合での成績は20打数3安打。さらにキャプテンの鳥谷敬は今年もエンジンのかかりが非常に遅い。彼はキャプテンという立場を考えれば、今すぐにでも覚醒しなければいけないはず。この仕上がりの遅さのせいで、チーム全体の士気が下がってしまっているのは確かです。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。