長澤まさみ 新作映画で「Fカップバスト艶技」炸裂(1)映画館を長澤色香が席巻
拡大する(全1枚)

 21世紀は波乱の世紀と言われる。中でも近年、天変地異や戦乱、疫病など驚天動地の事態が次々発生しているのだ。翻って、長澤まさみは公開中の映画「シン・ウルトラマン」で怪獣ファンの度胆を抜いてアッと驚かせた。さらに来年公開の映画では一転して熱愛ベッドシーンに体当たり。今が旬のFカップの激揺れは続く‥‥。

 今最も脂がノッてる女優といえば、長澤まさみ(34)をおいて他に見当たらない。芸能デスクがその八面六臂の活躍ぶりに驚きの声を上げる。

「今年公開の映画だけでも3本。現在大ヒット中の『シン・ウルトラマン』(東宝)以外にも、1月に公開された『コンフィデンスマンJP 英雄編』(東宝)、9月に公開予定の菅田将暉(29)と共演する『百花』(東宝)と出演作が途切れない。ドラマでも放送中の大河『鎌倉殿の13人』のナレーションのほかに、秋からはフジテレビでミステリーものへの出演が決まった。今、3年先のスケジュールも抑えられない女優の1人であることは間違いないでしょう」

「シン・ウルトラマン」ではその長澤を「本当にこんなカット使うんですか?」と驚かせた奇抜なシーンが話題を呼んでいる。

 芸能評論家の織田祐二氏が生唾シーンを解説する。

「劇中なぜか『気合い入れてこう!』と、長澤がバシっと自らのお尻を両手で平手打ちする場面が再三繰り返されるのですが、このエロ演出は序の口です。初代ウルトラマンと同じくメフィラス星人に巨大化されてしまう場面では、ローアングルから仰角で捉えた逆さ撮りで、スカート内をチラ見せします。さらには、高層ビルを肘打ちタックルで破壊するシーンでは、ピッチリしたワイシャツのボタンが吹っ飛び、あわやの谷間ポロリ寸前の場面まで用意されていました」