球団OBから要望も…阪神次期監督候補「オレ流」を歓迎しない「2つの反対派」
拡大する(全1枚)

 虎党の「落合博満監督待望論」に、早くもチーム内外から戦々恐々の声が巻き起こり始めている。

 今季、開幕から最下位ロードをひた走る阪神だが、今後の成績にかかわらず、今季限りでの矢野燿大監督の退団は決定している。藤原崇起オーナーは、報道陣の「(矢野監督は)最後まで指揮を執るのか」という質問に対し「当然のこと。ファンには心配をかける格好だが、まだまだ成長の余地がある」と話し、シーズン終了までの登板を示唆。途中休養はないかもしれない。だが、退任が決まっている以上、新監督選びは現時点でスタートしているだろう。

 人気チームであるがゆえに、自薦他薦が相次ぐ。だが今年に関しては、

「ファンだけでなく、球団OBからも『亡くなった星野仙一さんのような大物監督を据えて、チームを再建してほしい』という声が漏れ聞こえてきます」(在阪スポーツ紙デスク)

 その大物監督の最有力候補となっているのが、元中日監督の落合氏なのである。

 現役時代、史上最多となる3回の三冠王に輝いたスラッガーだが、監督としての実績も申し分ない。8年にわたって中日の指揮を執ったが、Bクラスになったシーズンは一度もなく、リーグ優勝4回、日本一1回という輝かしい成績を残した。

 落合氏が指揮を執れば、阪神が常勝軍団に変貌を遂げる可能性は大だろう。外部の声に流されて監督を決定することも多い球団だけに、すんなり落合監督が誕生するかもしれない。だが、実現しても、フロントには手放しで喜ばない人間も多い。