楽屋からシャワー室まで…元人気女優が見せた「桃色Dバスト公演」の潜入ウラ映像にかぶりつき
拡大する(全1枚)

 昨今、YouTubeで流行りの「ルーティン動画」。「モーニングルーティン」「ナイトルーティン」など、朝の身支度や帰宅後のリラックスタイムを垣間見ているような気分が味わえ、視聴者から好評を得ている。

 6年前に艶系女優を引退したDバスト美女が見せた「ルーティン」は、なかなか拝むことのできない希少なもので、思わず「こんな裏側が…」と口をついて出てしまうのだ。

 5月1日から20日まで浅草ロック座のステージに立ち、その舞台裏を「ルーティン」として、YouTubeチャンネル〈あいちゃんねる〉で披露(5月28日)したのは、上原亜衣である。

 その日、上原は午後3時からの1回目の出番に備え、午後1時半にロック座に到着。

 まずはタイムカードを押してから、楽屋でメイク。午後2時半になると、畳一畳ほどのスペースのシャワールームで洗浄(シャワータイム)を済ませ、着替えてから本番ステージへ──。

 視聴者の反応はというと、

「普通に演技しているだけかと思いきや、こんな裏側があるんだな」

「まず驚いたのは、タイムカードあるんですね。出番の前に洗浄(シャワー)するのも…」

 夜10時半に4ステージ目が終わり、帰宅は深夜12時。華やかなステージの裏に、ファンは「かぶりつき」である。

(所ひで/ユーチューブライター)