藤田ニコル「母親に一軒家建てた」ギャルタレ錬金術を初公開
拡大する(全1枚)

 6月22日発売のファッション誌「ViVi」8月号の表紙では、水着姿でみごとにくびれたウエストを披露したモデルの藤田ニコル(24)。舞台裏ではサイドビジネスで荒稼ぎしているというのだが‥‥。

 衝撃発言が飛び出したのは6月11日放送のラジオ番組「藤田ニコルのあしたはにちようび」(TBSラジオ)。ニコルは、オープニングトークで「最近やってみて良かったことベスト3」を発表。まつ毛パーマ、サウナに続いて挙げたのが、母親のために一軒家を建てたこと。その理由として、

「実家に行くことが増えたし、お母さんとのコミュニケーションもたくさん取れるようになって」

 と語ったのだ。

 20代前半にして家を建てたニコルは、収入について「今が一番ピークかも」と謙遜していたが、芸能関係者はそうは見ていない。

「所属事務所は、上戸彩(36)や小芝風花(25)が籍を置くオスカープロモーション。近年、売れっ子女優が続々と退社したこともあって、ニコルは事務所の大黒柱とも言うべき存在。彼女くらいの年齢ならば給料制が妥当で、月給50万円から60万円が相場。しかし、ニコルには特例が認められ、2年ほど前から完全歩合にシフトしたと言われています」

 つまり、働けば働いた分だけ収入につながるというわけか。芸能ライターの平田昇二氏が“ギャルタレ錬金術”を明かす。

「ギャルのジャンルでギョーカイ人気は一番。頭の回転が速いので、バラエティーの会議では真っ先に名前が挙がります。ギャラは最低30万円と、やや高めに設定されているので、メディアへの出演料だけで売り上げは軽く1億円を超えるでしょう。ただ最近は、番組の予算カットの影響で、ギャラが安い“みちょぱ”こと池田美優(23)にお鉢が回るケースが目立ちます」