「お前ら、漫才ナメてんねんな」銀シャリが先輩芸人にどつかれた「青ジャケット」の出オチ疑惑
拡大する(全1枚)

 お笑いコンビ銀シャリ」の鰻和弘橋本直が6月16日放送の「やすとものいたって真剣です」(朝日放送テレビ)に出演。トレードマークとなっている「青ジャケット」のきっかけを明かした。

 橋本は、若手芸人の拠点だった心斎橋の劇場「baseよしもと」で約1年間、漫才ができない期間があったといい、

「社員さんの前で朝から晩まで、全芸人が手見せする。10組ぐらいしか(社内のオーディションに)受からない」

 その社内オーディションの際も、審査する社員が寝てしまっていることがあったことから、

「漫才が面白くても、後で(社員が)見返して『誰が面白かった?』って、すり合わせる時に名前が出てこなかったりする。とりあえず印象に残らないと、まず話にならない」

 社員に向けてのインパクト作りが、青ジャケット着用のきっかけだったと明かしたのだ。

 さらに橋本は、青色ジャケットにした理由について、次のように説明。

「80年代の漫才ブームが好きだったので『そろい』に。色は漫才師のイメージ。やすきよ師匠やと思います」

 おそろいの衣装にした当初を、相方の鰻は「賛否両論でしたよ」と回想したが、実際に「事件」が起こったと、橋本はさらに言うのだ。

 自分の顔の目前に手のひらを持ってくるジェスチャーをしながら、

「先輩、このへんぐらいで『お前ら漫才おりたんやな』『ナメてんねんな』って怒られたことがある。これ(青ジャケット)で君たちは笑いを取りにいくねんなという『出オチ』やと思われた」

 ともにゲストで出ていたインディアンス田渕章裕によれば、銀シャリよりも後輩の芸人は銀シャリのイメージが強いことから、そろいの衣装は避けていた時期があり、今は何組かいるものの、青は避けているという。

「出オチ」と思われた衣装が、今ではトレードマークになっているのだから、大したものだ。

(鈴木十朗)