斉藤由貴が報道陣を驚かせた「尾崎豊との小樽密会」超アッケラカン弁明/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
拡大する(全1枚)

 これまで3度の不貞報道があり、「恋多き女」と呼ばれた斉藤由貴。「FRIDAYデジタル」で、夫とは別の男性との「恵比寿ランチデート」が報じられたのは、昨年3月のことである。だが、これはタイトル通り「ただ食事をしただけ」で、前回のようなヤケドを負うこともなかったようだ。

 最初のスキャンダルは、1991年に発覚した尾崎豊との密会だった。2人は月刊誌「カドカワ」の対談で出会い、半年後に神奈川県葉山でのレストランデートが、写真週刊誌「FOCUS」にキャッチされる。

 ただ、この時は「決定的な証拠」がなかったことから、同年3月1日、映画「おいしい結婚」のロケ先、鎌倉で会見に臨んだ彼女は、

「私ってスキャンダルがあまりないので、(記事を見て)面白いなぁって思いました」

 と、まるで他人事のように笑顔で否定。

 しかし、その1カ月後、「FRIDAY」が、北海道小樽市のガラス工芸展で寄り添う2人のホームビデオ映像をスクープ。斉藤は再び、緊急会見に臨んだ。

「本当に仲良しなんです。私も学生時代、変わっていると言われてイジメられたし、それで同志みたいな感じで…」

 そして「結婚したいという気持ちは?」と聞かれると、

「だって(彼は)結婚しているじゃありませんか。でも、あるかなぁ、ないかなぁ」

 その言葉に、集まった報道陣は驚いたのだった。

 そんな斉藤のもとに尾崎の死が伝えられたのは、翌92年4月25日夕方のことだった。その日、彼女はテレビ朝日六本木センターのリハーサル室にいた。番組スタッフは当時、私の取材にこう答えている。