高橋真麻とは違うのか!?鷲見玲奈を襲った「バスト問題」の意外な決着
拡大する(全1枚)

 魅惑の爆裂Gカップはどこへ消えたのか──。

 一時「パッド入れ疑惑」も持ち上がったフリーアナ・鷲見玲奈の「バスト問題」が、意外な決着を迎えようとしている。

「証拠」とされる、6月24日のインスタグラムを見てみよう。

 健康雑誌の連載に関する投稿で、鷲見がトレーニングウェアを身に着けている写真が公開されている。

「これまで鷲見は、規格外の迫力バストで、視聴者の目を楽しませてきました。女子アナとしては最大級と絶賛する声もあるほどです。ところが結婚した今年1月以降、どうもその迫力が…。トレーニングウェアの鷲見を見るとわかりますが、明らかに膨らみ具合がおとなしすぎるのです。サポーターやスポーツタイプのアンダーウェアで押さえつけているとも考えられますが…」

 女子アナウォッチャーはそう言って首をひねるのだが、そういえば、同じフリーアナの高橋真麻にも「激ヤセしたのか」というファンからの指摘があった。

「真麻は『なんで痩せたように見えるのかしら』と否定しており、同時にGともHとも言われる巨大なバストも健在だったことがわかりました。鷲見の場合も激ヤセ、胸ヤセは単なる見かけの問題として杞憂に終わるといいのですが…」(前出・女子アナウォッチャー)

 新たな「証拠」の出現を待ちたい。