「スキャンダル暴露VS演技力」綾野剛に試されるトラブル処理の「正念場」
拡大する(全1枚)

 綾野剛が主演する日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)の第1話が6月26日に放送され、世帯平均視聴率は11.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。

 このドラマは、現役を引退した元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)がセカンドキャリアへ踏み出し、挫折や葛藤を乗り越えるヒューマンドラマ。反町隆史芳根京子榮倉奈々増田貴久中川大志といった人気俳優が脇を固める中、トラブルが発生していた。スポーツ紙記者が言う。

「暴露系ユーチューバー・東谷義和氏のYouTubeチャンネルに5月、元アイドルが登場。綾野の『未成年飲酒強要』『淫行疑惑』を告発しました。綾野はこれに対し、沈黙を貫いてきましたが、6月13日になって所属事務所が反撃。『このような虚偽の投稿を決して容認できません。従って然るべき法的手続等の対応を行っております』と発表しています。一部マスコミでは、綾野のCM降板なども報じられてきましたが…」

 ところが、である。ドラマの第1話が放送された際には、降板が囁かれた酒類メーカーのCMが5倍増になったと「東スポweb」で報じられるなど、一連の不安が払拭されたかのよう。綾野の熱演ぶりからも、思わぬ追い風が吹き始めていると、ドラマ評論家は解説する。

「違うチームからのオファーもなく、アスリートの代理人業務を行う会社から切られ、号泣しながら高柳社長(反町)に土下座。やがてドイツリーグで活躍する後輩(横浜流星)の信頼を勝ち取り、第二の人生を歩み出す新町(綾野)の姿に『演技力、凄すぎた。グッと胸に突き刺さる』『陰と陽を自在に操る綾野剛の演技力は、やはり比類ない』などと絶賛のコメントが寄せられています」

 綾野は今年1月から配信されたNetflixシリーズ「新聞記者」でも横浜と共演。自責の念に駆られて憔悴していく若手エリート官僚を演じるために4日の間、一切食べず、水分もほとんど摂らず、鬼気迫る演技を見せている。

 スキャンダル暴露という向かい風と、演技力という追い風の対決は、はたしてどちらが優勢となるのか。

(窪田史朗)