広島「秋山翔吾の獲得」は「次期・新井監督+黒田コーチ」大プロジェクトの手みやげ
拡大する(全1枚)

 広島の秋山翔吾獲得は、次期政権への布石という見方が強まっている。

 元MLBレッズ・秋山の入団記者会見が6月30日、広島のマツダスタジアムで行われた。3年契約で、出来高払いを含めて総額5億円は、広島としては破格の条件といえる。

 ポスティングシステムを利用してカブス入りした鈴木誠也の譲渡金は、推定1400万ドル超。円安の昨今を考えれば、19億円にもなる。大盤振る舞いをしても補って余りある金額だが、秋山を獲得したのは別の思惑もあるという。

 スポーツ紙遊軍記者が、次のように解説する。

「このままいけば、佐々岡監督は今季限りで勇退する。その場合、次期監督の最有力候補は、OBの新井貴浩だといわれています。ある意味、その新井へのプレゼントでしょう。まだまだ来季以降も主力として活躍できる秋山獲得に名乗りを上げたのは、そのためです」

 広島には「一度、FAで国内の他球団に移籍した選手を戻さない」との不文律があった。実際、巨人に移籍した川口和久、江藤智、大竹寛などは、指導者としても広島に復帰していない。

 だが、新井だけはその方針の適用外だった。新井は14年オフ、阪神から推定年俸7000万円を提示されたが、自ら自由契約を申し出て退団。再び赤ヘル軍団の一員になることを許されている。戦力としてもそうだが、新井の人柄を松田元オーナーが高く評価してのことだ。推定年俸5000万円という、阪神を下回る条件での入団は「将来の監督手形があったため」と言われたことも事実だ。