森保采配「批判発言」が削除された!サッカー日本代表・南野拓実がブチかました「世界目線の守備」大騒動
拡大する(全1枚)

 11月に開幕するサッカーW杯カタール大会を前に、日本代表の背番号「10」を背負うFW南野拓実(ASモナコ)の発言が物議を醸していた。

 発端となったのは、7月1日に発売された写真誌「FRIDAY」のインタビュー。

 W杯ベスト8への提言として、守備についての課題を挙げて、こう答えたのだ。

「確かにブラジル戦では、引いて守るディフェンスが機能しました。ただ日本には『守備のフィロソフィー』がないんです。世界トップのチームは『前に出て攻める』守備をする。日本にはその思想が足りないと感じています。もっと約束事を細かく決めて、高い位置でボールを奪えるような守備パターンを3つくらい増やさないと、ドイツやスペインには勝てない。親善試合後に前線の選手たちと、そんな話をしました」

 昨シーズンまでプレミアリーグのトップチーム、リバプールFCで揉まれていた南野にとっては、世界目線での提言だったのだろう。

 ところがインタビュー内容がネット記事として転載されると、すぐさまサッカーファンの間で話題になり、波紋を広げることに。

「守備のフィロソフィー(哲学)が欠けていると指摘したため、日本代表の森保一監督を批判したものだと受け止められたんです。南野ファンからは、W杯メンバー発表前に大丈夫なのかと、選考漏れを心配する声も出ていました。そんな矢先、ネット記事も『FRIDAYデジタル』の記事も削除され、余計に物議を醸しているんです」(サッカーライター)