安倍昭恵夫人が担がれる否定一転の「電撃出馬」と「アッキー新党」結成
拡大する(全1枚)

 アッキーは補選に出馬するのか否か──。いま永田町界隈では、安倍元首相が凶弾に倒れたことによる衆院山口4区の衆院議員補欠選挙で、昭恵夫人が出馬するのかどうかが大きな関心事になっている。自民党関係者が言う。

「昭恵夫人は安倍氏の告別式後、葬儀へのお礼を込め7月21日に自民党本部での安倍派総会に出席した。その際、派閥幹部と会い補欠選挙に自身は出馬しない考えを伝えたという。しかし、それで一件落着とはいかない。何しろ子供が授からなかった安倍家だけに、昭恵夫人が『出馬しない』となれば安倍家はそこで終わってしまう。父親の自民党元幹事長・晋太郎氏から受け継がれた安倍家DNAを簡単に終わらせることは難しい」

 となると浮上するのは、安倍家に養子を迎え、その養子を補選に擁立する案だ。山口の自民党県議が言う。

「以前から養子候補として挙げられてきたのは、晋三氏の兄の長男、弟・岸信夫防衛相の長男と次男です。しかし、うち2人は政治にまったく無関心。唯一望みのあるのが岸防衛相の長男、信千世氏だ。慶応大学卒業後、フジテレビに入社し記者として活躍していたが、20年に退職し父の秘書になっている。ただ、信千世氏は父の体調が今一つすぐれないため、その後継を担う可能性が高い。となると安倍家は養子候補も厳しい」

 そしてこう続けるのだ。

「補選候補は地元じゃ昭恵夫人しかないともっぱら。元首相が現役時、国内外を公務で駆け巡る中、選挙となれば昭恵さんが地元に張り付き議席を死守してきた。バラバラになりそうな安倍派、保守派を結束させるジャンヌダルクも彼女しかいない」