テリー伊藤対談「WBA世界王者・河野公平」(3)ボクシングを始めたのは高3のとき

テリー あらためてどうですか、2度目の世界チャンピオンになった心境は。

河野 ボクシングの世界は本当に厳しいというのを、皆さんからわかっていただいているので、すごく敬意を払っていただいてます。だから、少しでも長くチャンピオンでいたいです。

テリー 試合が終わった夜って、眠れるものですか。

河野 いや、この間の試合で勝った当日は一睡もしなかった、というかできなかったですね。

テリー それは、受けた傷が痛いのもあるのかな。

河野 痛みもあるんですけど、それ以上に興奮してるんですよ。アドレナリンが出ているので。ベッドに入ったんですけど、まったく眠れなかったですね。

テリー 世界王者になると、収入のほうはどうなるんだろう。

河野 まだチャンピオンになったばかり、ということもありますけど、お金のことはあんまり考えてないですね。今はボクシングができて本当に幸せなんで、これでいいやと思って。

テリー 偉いなぁ。とはいっても、車とか欲しいとは思わない?

河野 ああ、そうですね、外車は欲しいです。ベンツはいつか手に入れたい(笑)。

テリー ベンツ、ぜひ乗ってくださいよ! そもそも、ボクサーになろうと思ったのはいつですか。

河野 高校の時は陸上部だったんです。高校駅伝で関東大会まで行ったんですけど、僕は補欠で、7人が出られる中の10番目ギリギリぐらいだったので、苦しいだけなんですよ。駅伝で練習してきたことを、何か生かせないかなあと思った時に「6カ月でプロボクサーになれる!」っていう「月刊フルコンタクトKARATE」の別冊を読んで、これで勝負してみようかと思って。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「柔道」のニュース

次に読みたい関連記事「柔道」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「空手」のニュース

次に読みたい関連記事「空手」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ボクシング 井上尚弥

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。