セ・パ交流戦突入!12球団「内部崩壊バクダン」の着火マンは?(1)苦戦が続く巨人の問題

 プロ野球はいよいよ「セ・パ交流戦」に突入した。ペナントの行方すら左右するサバイバル決戦だが、各球団の敵は何も別リーグの猛者ばかりではない。自滅を促す「内部崩壊」の火種を消さなければ、早々に交流戦どころではなくなってしまうぞッ!

 交流戦突入を前にして、想定外の苦戦が続くのは巨人だ。その原因として、大黒柱・阿部慎之助(35)の不調があげられる。打率2割2分8厘(5月15日現在、以下同)と絶不調に陥っているが、この背景には、2月の宮崎キャンプで臨時コーチを務めた、松井秀喜氏(39)との打撃談議が影響しているというのだ。

「阿部は松井氏がメジャーに渡ったあとも、事あるごとに直接連絡を入れて相談するなど、松井氏に心酔してきた。10年に打撃フォームの大改造に着手した際も松井氏のフォームを参考にしている。そして昨年12月にニューヨークを訪れた阿部は、松井氏の打撃理論に触発されて、グリップの位置をさらに高くするフォームの習得を目指しました。ところが、これでタイミングに狂いが生じ、フォームを壊してしまった」(巨人番記者)

 かつての4番が迷走する中、キューバから新4番・セペダ(34)を獲得したが、現場からは「何で投手を獲らないんだ?」と疑問の声も噴出しているという。

 確かに崩壊しかけたリリーフ陣の建て直しは急務のはずである。

「実は秘密裏のトレード交渉で、日本ハム・武田久(35)の獲得に向け話し合いが大詰めを迎えつつあるようです。放出要員にセペダ獲得でますます余剰戦力となりつつある、亀井義行(31)の名前があがっていますが、大補強に走って生え抜きを冷遇すれば、“暗黒時代”の様相を呈してくるのでは」(スポーツ紙デスク)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。