サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「女傑ハープスターの鬼脚を封じる」

 今週は牝馬クラシック第2弾「オークス」が東京で行われる。断然の支持を集めるのが桜花賞で最後方から直線一気を決めたハープスター。秋には凱旋門賞への挑戦も視野に入っており、馬券的には“2着探し”が正解か!?

 桜花賞を期待どおりに勝ったハープスターが絶対視されている。クビ差惜敗したレッドリヴェールがかなわないと見たのかどうか。牡馬相手のダービーにホコ先を変えている。ならば“樫の女王”は、この女傑で決まり。馬券的には2着探しの一戦と見られているのが今年のオークスだ。

 なるほど、ハープスターは強い。人の世を反映してか女性軍がやたらと強い。一昔前は「女傑」が出現するのは10年に1頭だったが、近年はダイワスカーレット、ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ‥‥と牡馬勝りの女傑がやたら多い。しかも、最後方から一気の差し脚を決めて桜花賞を制したハープスターは、歴史に名を残すこうした姉御肌の名牝をも上回る強い牝馬という評価さえすでにあるほどだ。

 戦歴を振り返ってみるとうなずけるだけのことはある。混戦と言われているダービーへは、レッドリヴェールより、むしろハープスターに挑戦してもらいたかった。であるからこそ、2着探しと言いたくもなるのだが、よく顔ぶれを見ると、隙あらば足をすくってみせる──というような馬がやたら多いことにも気づく。

 ハープスターが唯一負けたのは阪神JF。3カ月半ぶりの実戦であったが、レッドリヴェールに敗れて2着。3着フォーエバーモアともわずかクビ差だった。その後また一息入れて再調整。続くチューリップ賞を完勝し、本番の桜花賞は最速の上がり脚で差し切り勝ちを演じてみせた。しかし、3番人気で8着に沈んだフォーエバーモアとの差はコンマ6秒。5着レーヴデトワールとはコンマ3秒差。そして3着ヌーヴォレコルトとは、わずかコンマ1秒差だった。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「菊花賞」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。