釜本邦茂が日本の「S級戦犯」を名指しレッドカード!(1)今の日本サッカーはW杯本番では通用しない

 初戦のコートジボワール戦で惨敗。背水の陣で臨んだギリシャ戦でもネットを揺らすことはなかった。なぜザックジャパンは、この4年間で“進化”できなかったのか。「サッカー界のご意見番」釜本邦茂氏が、「S級戦犯」の名前をあげて批判した!

「(決勝トーナメント進出の)可能性は0%ではないけれど、あって5%程度くらいでしょう。ただ、この現実が世界基準における日本のレベルということですよ。先日のギリシャ戦では数的優位の状況の中で、ボールの支配率では圧倒したが、結局10人の相手を崩しきることができなかった。いくらパスが20本、30本と通って、ゴール前までボールを運ぶことができても、結局のところサッカーは点を取ってなんぼのスポーツなんだから。日本がやっているパスサッカーは、アジアでは通用するかもしれないけど、W杯本番では勝てないということ。まずはしっかり守って、相手の隙を狙う“堅守速攻”のスタイルでしか、フィジカルで勝る相手とは互角以上の戦いはできないと思いますね」

 強い口調でこう語るのは日本サッカー協会顧問の釜本邦茂氏だ。コロンビアとのグループリーグ最終戦を前に、早くも決勝トーナメントへの自力突破が消滅した日本代表に対し、開幕前、多くのサッカー解説者たちが日本のグループリーグ突破に太鼓判を押す中、敗退を危惧していたのが釜本氏だった。

 その原因となったのが、主力選手の不振にあるのは、誰の目にも明らかだろう。Wエースとして期待された本田圭佑は、初戦のコートジボワール戦で、先制ゴールをあげたものの本調子とは程遠いプレー内容。さらに、香川真司に至っては2戦目のギリシャ戦ではスタメン落ちという体たらくぶりだった。釜本氏も「Wエース」に対して強烈なダメ出しをする。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。