イチローが悲願の「殿堂入り」のために贈った「ワイロ」

 一時の活躍はどこへやら、もっぱら守備固めなどでの「控え」に甘んじているヤンキースのイチローが、いよいよ崖っぷちに立たされている。メジャー担当記者が言う。

「ヤンキースはとにかくイチローを放出したくてしょうがない。ジラルディ監督が1番ではなく7番など下位の打順で使うのは、四球を選ばないからです。ア・リーグでは打者1人1人に1球多く投げさせることが徹底されている。そうなれば相手投手の投球数は早く100球に到達し、1イニング早く相手投手をマウンドから降ろすことができます。1番に起用されたガードナーは、イチローと比べて1球多く投げさせていた、という統計があるのです。四球を選ぶことをよしとしないイチローはチームの方針は知っていますが、かたくなに自分のスタイルを変えようとしません。だからジラルディ監督の構想に合わず、使われないのです」

 チーム方針に背いてまで、難しいボール球にも手を出し、ヒットを狙うのはなぜか。それは、イチローのモチベーションはヒットを打つことだけだからだ。

「イチローは引退から5年後に資格が得られる米野球殿堂入りの野望を持っている。それも資格取得1年目ですぐに。そのためにはメジャー通算3000安打が必要で、投票権を持つ記者たちは実際に『3000本でなければ1年目は投票しない』と言う。イチローもそれを知っています。そこでイチローは心証を良くするため、殿堂に日米通算4000安打の展示用バットなどを進んで提供。さらに、館長には個人的にグローブやバットをせっせとプレゼントしています。館長は完全に取り込まれ、イチローの大ファンとなっている」(米在住ジャーナリスト)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2014年6月27日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。