5月29日、東海大学系列校野球部総監督・原貢さん(享年79)が逝去した。言わずと知れた、巨人・原辰徳監督(55)の実父である。「父子鷹」として名をはせた父と息子だったが、その裏側では複雑な感情が渦巻いていたという。

 7月14日、原貢さんの「お別れの会」が、東京ドームホテルで開かれることになった。今や巨人のエースとなった、実孫の菅野智之(24)をはじめ、日本球界から数多くの愛弟子たちが集まって故人との別れを偲ぶことになりそうだ。

 原監督は施主を務めるが、さまざまな“思い”が込み上げてくるのは間違いない。

 偉大なる父であり、そして厳格な指導者。原監督にとって貢さんは、そんな二面性を持った人物であった。「もし親父がいなかったら、今の自分はない」と言い切ったこともあるほどだ。

 原監督が東海大相模高校野球部に所属していた74~76年、チームの監督を務めていたのが父の貢氏である。当時は各メディアによって「父子鷹」として取り上げられて大きな話題を呼んだが、実情はそんな美談仕立てだけでは語り尽くせないもので、正常な父と子の関係などまったく存在しなかった。原監督は文字どおりの“地獄絵図”でしかなかった環境に身を置いていたというのだ。

 実は数年前、もちろん貢さんの生前の話だが、原監督が唐突に、ある親しいプロ野球関係者だけに、口外しない約束で実父への思いを吐露したことがあった。以下は当時、原監督が口にした回想録である。