禁断の「芸能人の犯罪」を一挙プレイバック!(2)“殺人・致死”篇

       

 戦後の芸能史の中で忌まわしい記憶として語られるのが、過去の殺人や致死事件にまつわる黒歴史だ。事件の主役たちは、なぜ凶行に及んだのか──。

「殺してしまおう。この女がいなければ」

 1976年5月6日、かつての人気歌手・克美しげる(享年76)は、愛人と激しい口論の末、彼女の頸部に手をかけ息の根を止めた。決意から数日後のことだ。

 克美は、家計は妻が守り、遊興費は銀座のホステスだった愛人から調達する“二重生活”を送っており、愛人は数十万円単位で克美に貢ぐようになっていた。

 そんな中、レコード会社が克美の復活をバックアップするという計画が浮上する。手始めに北海道への営業が決まり、愛人も同行する算段だったが、再起を期す克美には、邪魔者以外の何者でもなかった。

「7年間服役し83年に仮出所した克美は埼玉県内でカラオケ教室を開くと、大盛況。月100万円近く稼ぐほどだったが、89年5月、覚醒剤所持により覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕。常にトラブルに事欠かなかった」(スタッフ)

 13年2月27日、脳出血のため栃木県内の病院でひっそりと息を引き取るまで、本格的な芸能界復帰はかなわなかった。

 さらに遡ること6年前の69年12月14日、大映女優の毛利郁子(81)が、姫路市内の山中でデート中、車内で不倫相手の男性を口論の末、刺殺。翌日に警察に出頭するという愛憎劇を繰り広げ話題となった。

 毛利の代表作といえば、そのグラマーで白い柔肌に蛇が絡まる「執念の蛇」だったことから、“蛇女優”とのキャッチフレーズが付いたが、私生活も蛇のごとき深情けの果てであった。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。