山口健治の“江戸”鷹の目診断「富山記念」

◎武田=○浅井!先行なら新田浮上

 40歳を超えて活躍する選手は、競輪への情熱が原動力になっている。

「富山記念」(8月28日【木】~31日【日】)は、村上義弘、金子貴志、新田祐大、浅井康太のS級S班に、S1上位の武田豊樹、大塚健一郎らが加わる豪華メンバー。その大半の次走は前橋オールスター(9月11日~)。同じ333バンクだけに、格好の前哨戦になりそうだ。

 地元勢の大将格は、小嶋敬二。かつては5月に引退した山田裕仁とともに、長く中部を牽引してきた。44歳になるものの度重なる落車を克服して自力で戦っているのは、ここにSS班とS1だけで9人参戦する、40歳超戦士に共通する競輪への情熱があってこそ。強敵がそろうが、ファンの熱烈な応援がパワーになる。

 遠征では新田の、やや消極的なレースが気になる。2場所前の松戸サマーN初日は必勝パターンになりながら、仕掛けをためらって3着。前走・小田原記念決勝戦も絶好の中団を取りながら2着。新田後位の多くがついていけないスピードに自信があるからだろうが、まくり頼りでは惜敗の山を築きかねない。今の新田に必要なのは先行する勇気。打鐘から発進して、右手を上げる姿を見てみたいものだ。

 さて、並びと展開。中部は浅井─金子のSS班コンビ。近畿は川村晃司─村上義─東口善朋、中四国は黒田淳─池田良と、原田研太朗─橋本強で別線か。九州は松川高大─大塚。東日本は池田勇人─武田─宗景祐樹の関東トリオと、新田─菊地圭尚の北日本両者。そして、小嶋と九州の一匹狼・野田源一が勝ち上がってもおかしくない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 競輪 ライブ
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2014年8月28日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「競輪 + ライブ」のおすすめ記事

「競輪 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トライアスロン」のニュース

次に読みたい関連記事「トライアスロン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら