橋本聖子 高橋大輔との“キス問題”騒動の行方は?

 フィギュアスケート界の貴公子・高橋大輔(28)を激しく抱き寄せ、首筋から唇へと熱いキスを何度も何度も浴びせ続けた橋本聖子参院議員(49)。次期女性大臣候補にして、日本スケート連盟会長、JOC(日本オリンピック委員会)常務理事兼強化本部長という肩書を持つ女帝の生々しい“無理チュー写真”の流出だけに、この騒動は終わりそうにない。

 高橋と指先を絡め、唇を重ね合わせる橋本氏のツーショット写真を掲載したのは、8月21日発売の「週刊文春」だった。ソチ五輪閉会式の夜、スケート競技の選手やスタッフとの打ち上げ会場での出来事だったという。スポーツ紙デスクが話す。

「2大会連続で団長を務めた重責から解放され、酒が入ったこともあり、ホッとしたんでしょうね。メダル候補だったスピードスケート陣が惨敗する中、フィギュアの羽生結弦が金メダルに輝き、浅田真央が感動の演技で締めくくってくれた。その若手を陰で支え、まとめていたのが高橋だった。橋本会長は常々、『うちのエースは大ちゃん! 水泳界の北島康介のような存在』と、半ば特別視していたので、つい身内の酒席ということで気が緩んだんでしょう。もともと選手やスタッフばかりでなく、取材陣ともハグして喜び合うようなラテン気質ですからね」

 ただし、「無限キス地獄」を浴びせた高橋に注がれる橋本氏の“熟欲”は以前から有名で、私的な感情も交じっているのでは‥‥という声も聞こえてくる。

「通常、男子の選手をクン付けで呼ぶ橋本会長が、甘いマスクの高橋だけは『大ちゃん』と呼び、多忙でも高橋の出場する大会には足を運んで、追っかけファンのようでした。そのため、ソチ五輪代表の選考において、高橋が小塚崇彦と最後の席を争っていた際も、協会内からは『会長の一声で(高橋に)決まりだろ』と言われたものでした」(スポーツライター)


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク