朝日新聞の記者が“朝日人”になる経緯(1)どのような教育を経て記者になるのか?

 8月28日付の朝刊で、今度は「慰安婦問題 核心は変わらず」という記事を掲載した朝日新聞。謝罪どころか訂正もないままの再弁明は、世間とズレた姿勢をあらためて浮き彫りにした。気になるのはそうした紙面を作る記者たちの実像。入社後、どのような経緯で「朝日人」となるのかを追った。

 8月5、6日両日の紙面で「従軍慰安婦」強制連行問題のもととなった「吉田証言」を取り下げて以来、世間から袋叩きにあっている朝日新聞。しかし、28日朝刊には、

「慰安婦問題 核心は変わらず」

 と題した記事を掲載した。その中では、朝日新聞が「吉田証言」を虚偽としたことで、

〈河野洋平官房長官談話(河野談話)の根拠が揺らぐかのような指摘も出ている〉

 と懸念を示しながら、こんな見解を述べている。

〈(河野談話は)吉田氏が言うような「強制連行」ではなく、女性たちが自由意思を奪われた「強制性」を問題とした〉

 この再弁明に対して、読売新聞は、

「慰安婦問題で朝日『核心変わらず』‥‥識者は批判」

 という反論記事を掲載。産経新聞も、

「また問題のすり替えとごまかしか 朝日、再度の慰安婦特集記事」

 としながら、謝罪と訂正がいまだないまま、自社の大誤報を矮小化しようとする姿勢を痛烈に批判した。

 結果、火に油を注ぐ形となったわけだが、新聞の紙面を作るのはもちろん「記者」である。はたして彼らはどのような教育を経て「朝日記者」となるのか──。

 採用された新入社員が最初に受けるのが新人研修だ。実際に参加した中堅の朝日記者はこう語る。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク