壇蜜が密かに発揮する自己プロデュース力

 2年前、テレビや雑誌に大忙しだった壇蜜。最近は以前より露出が減ったかと思えるが、現在、『アラサーちゃん 無修正』(テレビ東京系)で連続ドラマ初主演を果たしている。

「活躍の範囲が広がっただけで、まだまだ活躍中ですよ。今年は『花子とアン』にも出演した他、10月には文芸春秋から『壇蜜日記』を出版。ディナーショーも開催し、ドラマ、バラエティ、ラジオ、雑誌と幅広く出ています。昨年主演した映画『甘い鞭』では今年の『日本アカデミー賞新人俳優賞』を受賞。演技は棒読み調ですが、『そういう演技をしている』と、個性として評価している監督も多いですね。普通、脱ぐと『仕方なく』という悲壮感が伝わってくるんです。でも彼女は自分の意思で脱ぎ、自分の言葉でエロスを語っているので、視聴者は嫌な思いをしない。賢い上に嫌味がなく、何でも許容してくれる。使いたくなる理由がわかります」(映画制作スタッフ)

 その壇蜜。当初、本名の齋藤支靜加で活動していたが、2010年に『壇蜜』と改名。きっかけは恩師が亡くなった事と、もう一つあるという。

「元カリスマホストで、タレントに転身した城咲仁の記事を読んだ事だそうです。そこには『そのままの自分で惚れてくれなんておこがましい。自己プロデュースする事が大事』と書いてあった。それで彼女は『そのままではダメ。でもキャラを作るといつか飽きられるし、自分にも無理が出て来る。そのままの自分でありながら、それを効果的に見せれるように自己プロデュースしよう』と考えたんです。『壇蜜』という芸名やキャッチフレーズも自分で作りました。それと『相手の要求に答えられた時に幸せを感じる』と言っていて、それも強みですね」(芸能関係者)

 スタッフや男の要求に自ら応えてくれる壇蜜。もうしばらく、彼女の手の平で転がされそうだ。

当時の記事を読む

壇蜜のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「壇蜜」に関する記事

「壇蜜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「壇蜜」の記事

次に読みたい「壇蜜」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 壇蜜 まんぷく
  2. 壇蜜 山本彩
  3. 壇蜜 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。