プロ野球“ストーブリーグ”突入で「お荷物&嫌われ者」は一挙大粛清か?(1)落合GMは自軍の選手をコキ下ろし

 ペナントレースが終了し、プロ野球はクライマックスシリーズへ。その一方で各球団は、来季に向けて「新体制作り」に着手する。残留する者あれば、お払い箱になる者あり。給料ドロボーに反発分子‥‥悲哀と非情渦巻く大粛清ストーブリーグを嘆息実況!

 10月1日、小田幸平(37)、ブーちゃんこと中田亮二(26)、堂上剛裕(29)ら大量10選手に戦力外通告を行ったのは、谷繁元信兼任監督(44)の下、2年連続Bクラスに沈んだ中日だった。解雇を決定した落合博満GM(60)は今年1月のトークショーで、小田については次のように話し、すでに見切りをつけていた。

「これからレギュラー? 恐らく無理だろう。あいつは万年二番手でいいと思ってるから、ああいうふうになっちゃったんじゃないの。レギュラー取るつもりでやってるって言うわりには、オレが『最低、これの練習しとけよ』っていうやつを最後までやったことないからね」

 スポーツ紙デスクは、

「まずは死ぬ気でレギュラーを取る意欲のない選手がクビを切られた格好です」

 と分析するが、この戦力外通告の場に落合GMが同席しなかったことから、選手の間で「ありえない。寂しい」とブーイングが起きたという。そして、粛清の嵐は今後も強まるばかり。

「さらに10人規模の戦力外通告がありそうです。契約更改も厳しいものになるのは必至。昨オフ、功労者の井端弘和(39)に88%ダウン提示という実質的な戦力外通告を突きつけるなど、総額約8億円の年俸カットを断行した落合GMだけに、今季3億7000万円の岩瀬仁紀(39)や2億5000万円の和田一浩(42)らベテランの高給取りが標的になる。特に岩瀬は2年前の契約更改で球団幹部に『来季もやるの?』と嫌みを言われて不信感を抱いているため、『第二の井端』になる可能性も‥‥」(球団関係者)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。