プロ野球「ドラフト会議」50年 “あの大騒動”を一挙プレイバック!(2)いまでも記憶に残る“空白の一日”

「KK事件」に勝るとも劣らない大騒動となった、江川卓氏(59)を巡る、いわゆる「空白の一日」。作新学院から大学進学を希望していた江川氏に対し、73年のドラフトで阪急が1位で強行指名したところから、コトは始まった。江川氏は入団を拒否して、予定どおり法政大学に進学。やがて77年のドラフトを迎えた。

 この時のドラフトはまず指名順位をくじで決め、1番から順に指名していく変則ウェーバー方式。1番クラウン、2番に巨人‥‥と決まったところで1時間の休憩に入った。スポーツライター・飯山満氏が語る。

「クラウンのスタッフがトイレに立ちました。巨人も連れションに行こうとしたところ、他球団が『バカヤロー、誰が密約をさせるか』とゾロゾロついてきて、全員連れション状態になった。実はクラウンは巨人に対し、『江川を指名しても入団してくれそうもないと判断したら、ウチは違う選手を指名する。その代わり、いいトレードをしませんか』と持ちかけるつもりでした。つまり、場合によっては1番くじのクラウンが江川指名を回避するから、2番くじの巨人が江川を指名する。その後、クラウンに有利なトレードを実現させる、と」

 その空気を察した巨人が連れションに応じたところ、さらにその空気を読んだ他球団が来て、密談を阻止。飯山氏が続ける。

「1時間の休憩中に2、3回試みましたが、ことごとく阻まれ、失敗に終わっています。困ったクラウンは強行指名。これが『江川連れション事件』です。あの時、連れション密談を許していれば、『空白の一日』はなかった‥‥」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2014年10月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。