サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「カレンブラックヒルが逃げ切る」

 今週は東京で「天皇賞・秋」が行われる。伝統の一戦にふさわしく、好メンバーが勢ぞろいする中、2週連続で万馬券を的中させている絶好調の水戸氏は、カレンブラックヒルに◎を打った。はたして、今週も的中となるか!

 今週は天皇賞がメイン。さすがに顔ぶれがいい。GI勝ち馬6頭。GIで2着があるのが4頭。出否微妙のペルーサが、当初の予定どおりアルゼンチン共和国杯にホコ先を向ければマックスドリームが出走可能となるが、この馬以外はいずれも重賞で勝ち負けしている。まさに豪華版のGIと言っていい。

 女傑ジェンティルドンナ、春の天皇賞馬で、一昨年(僅差2着)の雪辱に燃えるフェノーメノ、そして菊花賞馬エピファネイアが有力候補にあげられるが、どれも今回は休み明けの一戦となる。早くからここ目標にしっかりと乗り込まれて臨戦態勢を整えているとあって、力を出せる状態にあると判断できるが、だからといって全幅の信頼を寄せ切れるまでには至らないだろう。

 ならば押し出されての1番人気は、イスラボニータだろうか。3歳同士の菊花賞に向かわず天皇賞に挑戦したのは、この馬にとって東京コースでの2000メートルが最も適していると関係者が判断したからだ。そのあたりは予想する側としても納得である。

 しかし、この馬で“絶対”かとなると、簡単にうなずくわけにはいかない。

 東京の2000メートルはスタート地点が2コーナーのポケットにあり、加速がつくところで急に折れる最初のコーナーがある。器用にカーブを切れない馬が何頭か出て、多頭数になればなるほど外枠の馬はハジかれたりして不利を被ったりするのだ。過去10年で7枠に入って勝った馬は、ゼンノロブロイ(13番枠)、ダイワメジャー(14番枠)、ウオッカ(14番枠)と歴史に名を刻む、抜けて評価が高かった馬ばかり(8枠での勝ち馬はいない)。よって、まず好走の条件は、真ん中よりも内めの好枠を引き当てられるか否かにかかっていると言えるだろうか。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2014年10月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュース

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。