内柴正人 「懲役5年」の獄中手記をタブー公開

 アテネと北京の両五輪で金メダルを獲得した柔道家は現在、不自由を強いられる塀の中にいる。内柴正人受刑者(36)のことだ。将来を約束されるほどの功績がありながら、一転して奈落の底へと堕ちた男の胸中は複雑なようだ‥‥。

 指導していた大学の女子柔道部員に対する準強姦罪の刑が確定したのは今年4月23日のこと。内柴受刑者は、一貫して無罪を訴えてきた。しかし、女子部員とは合意のうえで行為に及んだとの主張が認められることはなかった。最高裁は上告を棄却し、懲役5年の実刑判決が決まったのだ。

 当時の心境を内柴受刑者は手記にこう記している。

〈もうダメです。犯罪者になります。ひらきなおりじゃないけど、2年半戦ってきて、結果ダメでした。これから刑に服すでしょう。(中略)みなさまへ『僕はやってません』。これに腐らず懲役に行ってきます〉

 これは支援者の協力のもと「フェイスブック」や「ツイッター」を通じて公開している内柴受刑者の獄中手記の一部だ。東京拘置所で有罪確定を知り、絶望の心境を記している。そして、拘留生活の寂しさをこう表現している。

〈冷たい便座に座りたくないので立ってする。(中略)又、音がひびく、小便の音がどこからか必ずきこえる。〉

 ネット公開までしてアピールしている内柴受刑者だが、多くのマスコミは黙殺している。事件後に全日本柔道連盟から永久追放処分されたためでもあるが、それ以上に内容がタブーに踏み込んでいるためだ。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。