中日・落合GM 今年も大幅減俸政策で遂にブーイングの嵐?(1)昨年の粛清を恐れる選手たち

 現職に就任した昨オフ、中日・落合博満GM(60)は、驚きの大減俸政策を断行し、およそ8億円のコストカットを成し遂げた。チームに奮起を促したはずが、今季もチームは4位と低迷──。結果、またしても契約交渉の席で情け容赦ないムチを振り下ろし、波紋を広げているのだ。

 昨年は1億9000万円(推定、以下同)から3000万円という、年俸減額限度額を超えるダウン提示を受けた井端弘和(39)が退団、巨人に移籍する騒動に発展した。チーム内外に激しい動揺を与えた落合GMだが、「成績を残せなかったら年俸を下げる」という方針はまったくブレない。

 11月1日に今オフ一番手で交渉の場に着いた谷繁元信監督(43)がさっそく、選手として4000万円のダウンとなる9000万円でサイン。ケガでシーズン後半を欠場した和田一浩(42)は5000万円、連続30セーブが9年でとぎれた岩瀬仁紀(40)は7000万円の大減俸を食らっている。

「故障明けで戦力にならなかった、吉見一起(30)、浅尾拓也(30)もそれぞれ、1億7400万円、1億6500万円から年俸1億円以上の場合の減額制限の40%ダウンが決まっている。確かに成績を残してアップした選手もいますが、それだって荒木雅博(37)が800万円、森野将彦(36)が500万円など、下げる時とは対照的に微増にしかすぎません。最多勝を獲得し、FA権を保有していた山井大介(36)が倍増となる1億2000万円の3年契約を勝ち取りましたが、チーム関係者から『もっと上がって当然だろう。よく残ったな』との声まで漏れている」(スポーツ紙デスク)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。