中日・落合GM 今年も大幅減俸政策で遂にブーイングの嵐?(2)アマ球界も敬遠気味になり…

 一部では、まさかのFA宣言をしたオリックス・金子千尋(31)を落合GMが引っ張ってくるとも報道されているが、逆に強権を持つ絶大な存在感は、補強面でさらなるマイナス要素になっているようなのだ。先にも触れた、落合GMの「クビ斬り」政策にスカウト陣からブーイングが起きているというのである。

 10月30日、10年のドラフト会議で2位指名され、“立浪2世”とまで言われて背番号「3」を譲り受けた吉川大幾(22)が、落合GMから呼び出され「来季の構想に入ってない」と戦力外を通告されたのである。

「吉川の練習態度が問題視されていたとも言われましたが、将来を期待された高卒4年目の選手をあっさり斬ったんです。1年目のルーキーでも活躍しなければ減額制限ギリギリの25%ダウンを言い渡し、わずか数年で放り出すやり方ですから、選手を送り出すアマ球界からは半ば総スカンになっていますよ」(球界関係者)

 今年のドラフトでも、育成枠で1位指名した東海大相模の佐藤雄偉知(18)から社会人入りの意向を伝えられ、早々に交渉権放棄という事態に陥っている。

「契約金はもらえず、わずかな支度金と年俸で獲得する育成枠での指名は、コストカットの範疇だと思われてもしかたがない。自信がある選手であれば、社会人野球に進んで、あらためて正当な評価を受けようというのも当然でしょう。球団内でスカウトを中心に頭痛のタネとなっているのが、神奈川予選で1試合20奪三振を記録して、“右の松井裕樹”と言われる東海大相模の2年生、吉田凌(17)の獲得問題です。来年のドラフトの目玉ですが、アマ球界でも影響力のある同校に中日だけは拒否する姿勢を打ち出されたら、もう目も当てられませんね」(球団関係者)


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2014年11月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。