中日・落合GM 今年も大幅減俸政策で遂にブーイングの嵐?(2)アマ球界も敬遠気味になり…

 一方、落合GMも補強に動いてはいるのだが‥‥。

「落合GMは社会人野球をくまなく見て回り、トライアウトも視察している。昨年、トライアウトで拾った工藤隆人(33)が46試合に出場して渋く活躍しましたが、今年もオリックスを戦力外となった八木智哉(31)を再生可能と判断して獲得した。所属選手にシビアな対応をする時とは打って変わり、補強戦略は地味でリーズナブルな動きをしている。結局、Bクラス脱出を目指すチームの浮沈に関わる補強は、ドミニカにパイプを持つ森コーチにまる投げとなりますね」(スポーツ紙デスク)

 昨年の就任会見で、「優勝するチームを作らないと意味がない。今まで以上に責任を感じている」と口にした落合GMだったが、選手の年俸を削り、大リストラを敢行した結果、今季もチームは4位と低迷した。それでもまだ、GMの強権は発動されていきそうだ。

 プロ野球解説者の江本孟紀氏が語る。

「本来、コストカットなんていうのはGMの仕事ではないですよね。いかに経営サイドから金をぶんどってきて戦力補強に使うかが仕事でしょう。既成の概念でできないことをやるのは、ある面で悪くはないですが、そのイメージばかりが先行して、中日はチーム全体が暗くなってしまっている。強くしようという意識とは離れてきてしまっているように思えます」

 はたして、落合GMは巻き返しのためにどんな動きを見せるのか。そして、また余波を広げるのだろうか。

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。