2014年のジャパンカップは超豪華レース!(1)19頭中13頭がGI馬

 1着賞金2億5000万円! 国内最高賞金を誇るGI「ジャパンカップ」が今週末、東京競馬場で行われるが、驚くのはそのメンバー。登録のある19頭のうち13頭がGIホース。史上まれに見る超豪華レースを当てるには、まず海外からの刺客を知ることが大事だ。

 日本勢10頭がGI馬というだけでも驚きだが、その豪華メンバーに挑む外国勢3頭にしても、GIタイトルをひっ提げての来日だ。東京スポーツのコラム「海外競馬解析」を担当する競馬ライター・秋山響氏は、こう診断する。

「率直に言って、もし私が外国馬の関係者であれば、今年は(招待を)遠慮したくなりますね(笑)。それぐらい日本勢は強いし、海外の評価も高い。ジャスタウェイはワールドベストレースホースランキング(11月9日現在)において130ポンドで首位。この数値は、ほんの一握りのトップホースにしか与えられないものです。ハープスターにしても凱旋門賞レース直後、来年の前売りオッズが表示されるや1番人気でした」

 外国馬の優勝は、05年のアルカセット(英国)からとぎれ、3着にしても06年のウィジャボード(英国)が最後だ。11年には凱旋門賞を制したデインドリーム(独)が来日するも、6着と掲示板を外した。

 ただ、今年の外国馬3頭は一味違い、物見遊山ではなさそうだ。

「まず、アイルランドのトレーディングレザー(牡4)は、昨年のアイリッシュダービー(GI、芝2400メートル)を史上3番目の好タイムで制しています。陣営は明らかに重馬場を避けて使ってきており、JC参戦も硬い馬場を求めての来日に見え、早くからここを目標にしていたと思います」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュース

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。