2014年のジャパンカップは超豪華レース!(2)強力な外国人ジョッキーたち

 外国馬勢の不振を尻目に、外国人ジョッキーの活躍はすさまじい。過去15年、必ず1人は馬券圏内に顔を出している。昨年も、R・ムーア(英国)がジェンティルドンナを連覇に導き、W・ビュイック(英国)は、11番人気のトーセンジョーダンで3着し、観衆をアッと言わせた。

「今年もジェンティルを託されたムーアは現在、世界ナンバーワンのジョッキーです。世界中の競馬メディアの記者に聞いても、誰もが『いちばんうまいよ』って答えますね。何がすごいか。ひと言で言えば、世界中のどこでも勝ってしまう。考えられないことです」

 今年3月、ドバイシーマクラシックで前をふさがれる不利の中、ジェンティルで優勝したシーンは記憶に新しいところ。その後も快進撃は続き、今年は世界7カ国でGI15勝(11月16日現在)。直線が180メートルほどの舞台で最後方から差し切るなど、自在な戦法は“神業”と称され、圧倒的な人気馬を倒したシーンも1度や2度ではなく、まさに円熟期を迎えている。

「代名詞の『豪腕』ぶりだけでなく、自在に制御する技術、ペース判断の的確さ、どれも卓越してます」

 11月16日の東京競馬場では9戦して〈3411〉。芝、ダート問わず、大切な馬券を託せる騎手だ。

 フランスの騎手も怖い存在だ。今年はエピファネイアとC・スミヨン、C・ルメールがフェノーメノ、新進気鋭のブドーはトーセンジョーダンで挑む。

「フランス出身の騎手は、ちょっと(折り合いの)難しい馬を操るのが得意です。フランスではレースのペースが遅くなりやすく、調教にしても一団となって行うため、ふだんから折り合えないようでは話にならない。実際にルメールは、乗り難しいコスモバルクでJC2着していますからね。今年ならスミヨンが、リズムよく走らせたいタイプのエピファネイアで、どんな競馬をするか、今から楽しみです」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「チャンピオンズカップ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュース

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。