医師・帯津良一の健康放談「検査結果が健康の証しではありません」(1)

       

酒は毎日朝から飲むがよし

 私は城下町・埼玉県川越の生まれで、中学までは地元の学校に通い、高校は越境入学で都立小石川高等学校に進学しました。当時は都立高校の全盛時代で、日比谷高校をトップに、戸山、新宿、小石川、西とありましたが、川越から都心に出る東武東上線上では、小石川がいちばん近かったんです。

 大学は東大の理科二類から医学部へ入って卒業し、東大の第三外科に所属しました。その後、共立蒲原総合病院や都立駒込病院勤務を経て、1982年、川越に帯津三敬病院を作り、現在に至っています。

 医者になって半世紀以上たちますが、健康を考えるうえでいちばん大切なことは、内にあるダイナミズムがないとダメということです。これはフランスの哲学者、ベルクソンが唱えた「生命の躍動」を指します。

 青雲の志や情熱と呼んでもいいでしょう。胸に燃え立つものを持っていなければ、「健康」とは定義しません。いくら人間ドックの成績がよくても、それはたまたま値が正常値だった、ただそれだけのことです。逆に、生命の躍動さえあれば、少しぐらい乱暴なことをしたり、異常値が出てもいいんです。

 私自身は企業検診で何種類も異常値が出ます。例えばアルコールによる肝機能障害に反応するγ-GTPは、いつも200U/L以上。基準値が0~50U/Lですから人に負けたことがありません(笑)。だけど、ここ何年も同じ値です。そして、どうってことはない。コレステロール値も高いですし、肝臓病の有無を検査するGOT、GPTも少し高め。腹囲も1メートルもありますよ。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。