高倉健 人格を形成した「信仰心」に迫る(1)手記で明かした“神秘体験”

 月刊誌に掲載された「最期の手記」を、長年交流のあった高僧の言葉で締めくくった高倉健。知人の親族の命日にも何年も供物を贈るなど、死後、にわかに明るみに出てきたのが、その精神世界への強い傾倒だ。取材を進めると、神仏を問わない「厚い信仰心」証言が次々と聞こえてきて‥‥。健さんの神のような人格を形成した「ルーツ」を探った。

〈「往く道は精進にして、忍びて終わり、悔いなし」

 阿闍梨さんが浮かべる満面の笑みとともに、僕に一つの道を示し続けてくださっている〉

 これは、高倉健(享年83)が亡くなる4日前の11月6日に書き上げ、月刊誌「文藝春秋」に寄せられた手記の最後の一節だ。はからずも「最期の手記」となったことで話題を呼び、新聞でも異例の扱いで報じられたのだが、冒頭の「阿闍梨さん」とは、天台宗大阿闍梨で、2013年に心不全で死去した故・酒井雄哉氏(享年87)。

 手記には、高倉の映画人生の他に人生哲学も記されているが、冒頭から、

〈諸行無常。〉

 と、仏教用語を用い、酒井氏との“魂の交流”について多くの紙幅を割いている。そして迷いが生じた時に酒井氏に贈られたことを手記で記している「往く道は──」の言葉で最後を締めくくったのだ。

 ベテラン芸能記者が、高倉と酒井氏の関係について解説する。

「ちょうど江利チエミとの離婚問題や大量の映画に出演し続け、肉体的にも精神的にも限界だった1971年頃、東京12チャンネル(現・テレビ東京)から高倉さんの生き方を紹介するドキュメンタリー番組出演の依頼があった。手記では『魔が差した』と記していますが、断り続けていたテレビ出演を承諾し、その代わりに、滝行を希望。それで大阿闍梨と出会ったんです。江利との離婚が発表されたあとも高倉さんは月1ペースで天台宗の総本山がある比叡山に足を運び、数日間の荒行をみずからに課していたんです」


あわせて読みたい

高倉健のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高倉健 + 映画」のおすすめ記事

「高倉健 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「勝新太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「勝新太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「渡辺謙」のニュース

次に読みたい関連記事「渡辺謙」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 高倉健 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。