掛布雅之 甲子園にラッキーゾーン復活を

 ソフトバンクの本拠地・福岡ヤフオクドームに今季から「ホームランテラス」というフィールドシートが設置されることになりました。右中間、左中間がホームから最大で約5メートル短くなり、フェンスも低くなります。「ホームランをもっと見たい」という孫正義オーナーの号令で、改修に乗り出したということです。

 12年オフには楽天の本拠地のコボスタ宮城もフェンスを前にせり出し、客席を設置しました。球場の適度な「縮小化の流れ」には賛成です。やはりホームランというのは「野球の華」ですから。

 日本では80年以降に造られた球場は「拡大路線の流れ」で造られました。MLBの本拠地にも負けない広いグラウンドとなり、日本のプロ野球は外野の守備と走塁面が飛躍的に進化したのです。

 広い球場は大きな恩恵をもたらしましたが、中にはあまりにもホームランが出にくい球場もあります。11年に統一球が導入されるまでは、各球団がボールの性能で調整することも可能でしたが、今は反発係数が定められています。飛びすぎる、飛ばなすぎるなどと、ひと騒動あった統一球問題も落ち着きました。プロ野球人気回復のため、球場のコンセプトを見直してもいい時期が来たのではないでしょうか。

 私は甲子園も91年のシーズンまで採用されたラッキーゾーンの復活を検討するべきだと思っています。14年の1試合当たりのホームラン数は1.05本で、12球団の本拠地ではナゴヤドームに次ぐ低さでした。確かに1-0で決着するような試合は緊張感がありますが、投手戦というより、貧打戦と言えるケースも多いのです。今は甲子園のゲームで3点差がワンチャンスと思えないのです。ホームランなしの連打だけで3点はなかなか奪えません。ファンが目を離せない試合を増やし、ドラマが起きる確率を高めたほうがいいのではないでしょうか。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2015年1月31日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。